司会 |
デザイナーとしてのこだわりは? 岡野さんから見て、神保さんはどうです?
岡野 |
う~ん。
神保 |
きっと岡野は、これから良いこと言うよ、良いことを! ……何を迷ってるんだろう(笑)
岡野 |
う~ん、ちょっと良いところがいっぱいありすぎて(笑) やっぱりね、僕、他人に興味がないのかな。
神保 |
おい(笑)
岡野 |
でもそうだね、神保さんのこだわりは、これまで何度か言っているように「誰に対して仕事をしているのか?」というのをプロジェクトのどのフェーズでも言っていることかな。現地調査図を描く時から、いや現地調査自体をする時から「お客さまにとって何が必要で、そのためにいまは何をやるべきかを考えなさい」って。このスタンスは絶対にブレてない。
司会 |
その意識でやると現地調査からアウトプットが変わってきます?
岡野 |
変わるよ。それは絶対変わる。
神保 |
仮に、うちの会社が完全に縦割分業制になっていて「お客さまに会うのはプロデューサーだけ、デザイナーはプロデューサーに指示された通りにデザインする」という体制であれば、また違うのかもしれない。お客さまが喜ぶことよりもプロデューサーが「良いね」って言ってくれるものを作ればいいからね。お客さまの反応を自分の目で見られる訳でもないし。迷ったり考えたりする必要がないじゃない。
岡野 |
「金額で松竹梅パターンのプランを出します。後はよろしく」って。
神保 |
自分の家に居ながらできるのにねぇ。
岡野 |
そう。それだと個人的には、お客さまを喜ばせれば良いのか、プロデューサーを満足させれば良いのか、誰に向かって仕事しているのか、分からなくなっちゃう。
神保 |
でも、それはうちの会社のスタンスじゃないし、うちのデザイナーとしては違うんだよ。
岡野 |
確かに、うちのスタンスではないね。